福岡市博多区のインプラント・審美・矯正を専門とした総合歯科です

  • インプラント 審美歯科全般 歯列矯正
  • 診察・相談のご予約 0120-525-118 [受付] 火曜~土曜日 10:00~18:30
  • インプラント相談予約

前歯のインプラント治療

前歯部のインプラントについて

前歯のインプラント

虫歯や歯槽膿漏が元で、前歯を抜歯しなければいけない時、どのような治療をすればよいか悩みますよね。

まず、入れ歯をすることは、抵抗があるので、お若いの方は、インプラントにしようか?ブリッジにしようか?というようにで、とても迷いますよね。

インプラントは自分の歯のように噛めるようになるし、ブリッジみたいに隣りの歯を削合することもないので、本当に、夢のような治療法ですよね。

しかし、インプラントでも良いことばかりじゃありません。

インプラントは歯科医院の選択や治療方法やメンテナンスきちんとするなど、間違えると、失敗してしまうこともございます。

まさに、前歯部のインプラントは、臼歯部の部分よりもインプラントオペが難しく危険度が高いのでより注意がいります。

前歯のインプラントが難しい訳

前歯のインプラントが難しいわけ

インプラント専門医の技術力がより必要なインプラント治療の中で、前歯のインプラント治療の難しいと言われるのは、理由があるのです。

下記に、前歯のインプラント治療が難易度が高いと言われる、3つの訳をお話しします。

インプラントを埋めこむ部分の骨が薄くて難しい

ウスの機能を果たす奥歯と比較すると、薄いし平坦な形態の前歯が萌出している部分も、歯を支持する骨が薄いので、インプラントの難度が高い部位と考えます。

また、歯槽膿漏で歯が抜けた時には骨がさらに薄くなり吸収が進んでいるので、インプラントを埋め込む場合することで、再度、骨吸収が進むことあるので、骨造成をしなければならないことがあります。

歯肉が退縮が著しい

インプラント埋め込みにより骨吸収の進行と共にあるのが、歯肉退縮により後退が始まります。

機能性の問題はないのですが、インプラント部分だのみ、歯茎が後退した結果、審美的に見た目が悪くなっていきます。笑った時のリップラインが高すぎて、歯茎がよく見える方は非常に目立ちます。

審美性が追求される

前歯のインプラントは、奥歯などに比べ、見た目のキレイさを追求されることがよくあります。人と面会する場合に、非常に目立つ箇所ですから、歯の部分だけでなく、歯茎やお口全体のバランスがナチュラルな感じに見えるのが大事です。

当院にセカンドオピニオンで相談に来院された患者様の前歯のインプラントの失敗した症例

インプラントで、トラブルが後を絶たないというイメージうをもっている方は、未だ多いと思われます。

特に、機能性と審美性の二つが必要な前歯のインプラントは、下記でお話しする失敗症例が起こりやすく注意が必要です。

患者様自身がどうしようもできないトラブルで失敗しないためには、多くの知識・スキル・実績が豊富なインプラント専門医の治療を受診するのが大事です。

他の歯の部位より歯が長いようにみえてしまう

骨吸収が原因で歯肉後退します、インプラント部分だけの歯が長いように見えがちです。

また、インプラントの埋め込み位置に問題があり、隣接歯より前に飛び出た形態になると、他の歯より長く見えやすくなります。

こうなると、歯肉移植術を行い、出でいる部分を隠す方法で回避しなくてはいけません。

インプラントの部品の透けたところが黒く見える

歯肉退縮や歯茎が薄いと、「アバットメント」呼ばれるインプラントの被せ物を支える部品が透けて歯ぐきの部分が黒く見えるのです。

インプラントを埋め込む時に歯ぐきの薄さの問題になっている場合、一例を出しますと、チタン金属を使わずに白いジルコニアセラミックを選択することで、歯ぐきの黒くみえる部分を隠すことができます。

インプラントがグラグラする・抜け落ちる

顎骨に埋め込んだインプラントが動揺する、また、最悪のケースはインプラントが脱落してしまうことがございます。

理由としては、インプラントと顎骨がきちんとくっついてない、インプラントを埋め込む部分の骨が吸収している、細菌感染の可能性があります。

前歯のインプラント治療 を受診する際の3つポイント

1.早めの治療をお願いします

前歯のインプラントの受診するポイント

インプラント治療を検討している患者様は、虫歯や歯槽膿漏で歯がなくなってからでなく、早期に歯科受診をお願いします。

歯がない状態で放置していると、骨が吸収してしまい、さらに骨が薄くなることで、もっとインプラント治療が困難になります。

2.治療費はしっかり確認が必要です

インプラント治療をする場合は、通常インプラントの値段で済む場合もございますが、ケースより、それ以外の治療費がかかることがございます。骨が薄くや歯肉後退が進行している時は、骨や歯肉の造成手術をすることがあるので、別途治療費がかかります。

さらに特殊な麻酔もあり、追加の治療費もかかる場合もあるので、前もって、治療費をチェックしておくよいでしょう。

3.同様の症例ケースのあるインプラント専門歯科医院を選択しましょう

はじめにお話ししたように、前歯のインプラント治療は臼歯部よりも難度が高いことから、実績豊富なインプラント専門医を選択することを望みます。インプラント専門歯科を受診の際、歯科医師とちゃんと相談した上で歯科病院を決定してもいいと思います。

また、HPに掲載している症例集を見たりし、歯科医師に直接症例写真を見せて頂いても、その歯科医院の過去の実績をチェックする基準になります。

TV ONAIR中!

診療科目

  • インプラント
  • 審美歯科全般
  • 歯列矯正

当院のインプラント担当医は国際口腔インプラント学会の認定指導医です

〒812-0011
福岡市博多区博多駅前2-18-25
ホテル日航福岡 地下1F
TEL:092-477-1107
FAX:092-477-1117

月・日・祝は電話受付は承っております

初診インプラント相談予約 ご予約はこちらから

ザ・インプラントクリニック福岡
〒812-0011
福岡市博多区博多駅前2-18-25ホテル日航福岡地下1F
[TEL] 092-477-1107 [FAX] 092-477-1117

休診日 / 月曜・日曜・祝日

診療時間
10:00~13:00 × ×
14:30~18:30 × ×

※月・日・祝は電話受付は承っております[9:00~18:00]

インプラント治療に関する不安や疑問、お気軽にご相談ください。

診察・ご相談はこちら
フリーダイアル 0120-525-118

メールでのご相談はこちら