福岡市博多区博多駅前のインプラント専門歯科 ザ・インプラントクリニック福岡

  • インプラント 審美歯科全般 歯列矯正
  • 診察・相談のご予約 0120-525-118 [受付] 火曜~土曜日 10:00~18:30
  • インプラント相談予約

信頼と実績のインプラントプロ集団

すべての患者さまにインプラント専門医が治療
全責任の担当医制でインプラントを提供します

当院では複数のインプラント専門医が在籍しており、インプラント手術からインプラントの被せ物までのすべての治療行程を、患者様一人に対して、基本的に一人のインプラント専門医で担当します(管理します。)

インプラント治療は、最新の歯科技術を集合した高度先端治療です。

手術中や術後も、

  • ・歯の神経や残っている歯
  • ・アゴの骨
  • ・噛み合わせ
  • ・審美歯科など

細かい部分まで、術後の影響を総合的に考えながら、治療することが長期間、口腔内の状況を維持することが可能になります。

つまり、当院のインプラント専門医は他の歯科医院のドクターより知識と経験をもっております。大切なことは、すべてのインプラント処置のプロセスに関わってこそインプラント治療の成功があるのです。

担当医以外の歯科医師に資料だけを提供して、具体的な内容を説明したとしても、患者さんの状態をしっかり引き継げません。

インプラント治療において大切な患者さんの信頼を得るためにも、歯科医師としても担当医としても責任をすべて引き受ける気持ちで術前から術後その後、全治療が終了するまで、基本的に担当医一人で対応いたします。(管理します。)

インプラント業界の世界的権威「ICOI 国際口腔インプラント学会」で習得した技術と経験

現在、インプラント治療に関しましては、アメリカ、ヨーロッパの方が日本より進化しています。

そういう訳で、日本トップリーダーと言われる歯科医師も先進医療国アメリカで最新の歯科治療の技術を勉強しておりますが、大抵の方が短期研修のみを受講に終わり「アメリカ某インプラント学会◯○コース修了」「◯◯プログラムを修了」と、皆様にアピールして、インプラント専門歯科医院と謳っているのが現実です。

当院のインプラント専門医は、全世界最大級ICOI国際口腔インプラント学会にてインプラント技術の全ての範囲について研鑽を積み増して全コース終了

また当院インプラント専門医はインプラント業界の世界的権威かつ全世界最大級ICOI国際口腔インプラント学会 認定医・指導医を取得してしております。

前ICOI会長 Dr.JON B.SUZUKI、元コロンビア大学の学長を始め諸先生の教えでインプラント治療技術の全領域を研鑽を積み重ねました。その後、INTERNATIONAL DENTAL IMPLANT COURSEサーフィケートを頂きました。

勉強中は日本からアメリカの短期研修を受講している日本の歯科医師の先生のサポーターとして、またはICOI国際口腔インプラント学会 を代表して学会でのポスター発表やインプラント技術指導にも関わってきた日本でも数少ないインプラントのパイオニアです。

ICOIの詳細はこちら

アメリカ欧米に30年遅れている日本のインプラント

image1

日本の歯科医療技術は優れていますが、アメリカ欧米と比較すると30年以上遅れています。

インプラント治療だけでなく、「アメリカ欧米は世界医療技術の中心」と呼ばれております。たくさんの分野にて世界の先進医療研究結果は、全部英語の論文により発信されてますから、英語に慣れてない日本はその大切な情報を得るのが遅れているのが現状です。権威のあるインプラント学会や論文の大多数はアメリカ欧米に存在しています。

歯科という分野は、非常に専門性が強いですから、こういった意味でも学会や論文による研鑽をしなければ、インプラント技術での大きな差となります。

海外と違うのは歯科医を育成する環境、医療保険の問題や自身の歯に対しての意識(デンタルIQ)も根本的に違うことも、大きな原因の1つになります。

インプラント治療が進化するアメリカの環境

専門性が強い歯科医療

日本でのインプラント治療は、実際のところ、ほとんどが、一般歯科の歯科医師による治療です。もともと、日本にはインプラントを専門として学ぶ歯科大学自体が、あまりございません。

しかし、インプラント最高峰であるアメリカはインプラント専門医による治療が一般的です。一般歯科の歯科医師によるインプラントの施術はほとんどございません。

また専門医制度が充実していますその他の歯科治療においても各専門分野のDrから構成するチーム医療が主流です。ゆえにDr.同士のコミュニケーションが密であり、お互いの知識や技術レベルを理解している為、自分の専門外の症例であったとしても、患者さんに最適なDr.をあてがう仕組みができております。

不便な医療保険の仕組みと「予防」を中心とした予防歯科の充実

歯を抜いた場合、日本は、自費でインプラントをするよりも保険内で出来るように、痛みがない優良な歯を削って、ブリッジや部分入れ歯にするが一般的な治療なのが現実です。

それに対し、アメリカ欧米では、歯科治療のすべてが自由診療ですから、保険外診療が一般的なのです。

そういう訳でアメリカ欧米の歯科治療は歯の治療をする前に「予防歯科」が浸透しており、歯が抜けた場合の歯科治療として、残存歯に負荷をかける歯科治療より歯が欠けている部位にインプラントを埋め込み、 残存歯をいかに保存していくかと考えが常識です。

患者さんも歯科医も歯科治療の品質には厳しくチェックしています。

また日本は、歯が悪くなたら、痛みが出てから歯科者に行こうという思想の方が大多数に対し、アメリカ欧米は一人一人の口の中に対して意識があり、知識も多いのです。たくさんの人が子供の時期に歯列矯正をしています。実際、歯並びが悪いと虫歯になりやすく、それを大人になるまでそのままにしていると生活水準が低いと見られることもございます。

高額治療が浸透しているアメリカ欧米だからこそ、患者さんも歯科医も歯科治療の品質には厳しく見ています。

インプラント埋め込みがゴールではない

本来、インプラント治療は、歯が抜けた所に歯を入れる、言うなれば”歯を製作すり”治療になります。しかし、日本ではインプラント埋め込みがゴールだと勘違いしており、肝となる被せ物の工程を他の歯科医に任せてしまう歯科医院が多く存在します。

インプラント専門医の仲間とよく共有していることは、「インプラント埋め込み」を最終形としてインプラント治療をするのではなくて、埋め込みしたインプラントの上部に、「最高な歯を製作し、セットするか」を最終形とした緻密な治療計画に乗っ取ってインプラント治療を推進していくことなのです。

アメリカ欧米のインプラント治療では、はっきりと、審美性に影響する最終の被せ物(最終の歯)をインプラント埋め込む同様に重要とされている考え方が浸透しています。


ザ・インプラントクリニック 福岡では、インプラント埋め込み、被せ物どちらに関しても先進の専門性をもった歯科医師が、インプラント埋め込みから最終の被せ物までのインプラント治療を一連として、担当医が全責任を認識しながら、治療に当たっております。

当院のインプラント専門医たちは、高度な技術・深い知識・豊かな経験をもっており、あらゆる治療行程においても妥協を一切せず、日々インプラント治療の本質を追求しながら治療を行っております。

“噛める美しい歯”を手に入れ、皆様に素敵な笑顔の人生をお送り頂くことをザ・インプラント クリニック 福岡のインプラント治療のプロフェッショナルして、また、プライドをかけてお約束いたします。

複数いるインプラント専門医たちの理念

日本とアメリカ欧米は先進国ですが、歯科医療の差異は30年ほどは、あるのではないか?

私たちはいつも「日本人の患者様にアメリカ欧米と同レベルの治療、つまり高い水準の歯科治療を受診してもらいたい」と思ってます。また、「アメリカ人のような高水準のデンタルIQ(自分の歯に対しての関心価値観)を日本の方々にも持ってもらう」ことを願望してます。

アメリカに行かなくても、最新の歯科治療が受けれる。欧米と同様の歯科治療を当該地に行かずとも日本で受診できるように、当歯科医院は福岡博多に開院しました。アメリカでインプラントを学んだ歯科医師が多数在籍、当然、歯科技工士、歯科衛生士のサポートの元、チーム医療を推進してます。

高水準の治療を歯科医療を受診する為、わざわざアメリカに渡米する患者様もおりますが、当院では、アメリカの治療と同様のインプラント治療を日本で受診できます。更に、それ以上のレベルのインプラント治療を受診することも可能です。

一人一人の患者様に高水準のインプラント治療をご提供し、当クリニックが日本のインプラント治療の技術向上に貢献できるように、日々努力しております。

歯科医学的な理想を追い求めるのではなく、患者さまにとって本当に必要なものを追求

私たちはいろいろな症状に対し「こういう風にしないとダメ」という教科書と同様の歯科治療をすることは、毛頭ありません。

歯科医療として自分たちの理想形より患者さまのご希望を聞いて、プロフェッショナルとして当歯科医院に通院する患者さまの不安や悩み、今後の人生に配慮できる歯科治療を具現化することにより、長期間にわたり、自分の歯を守ることの大切な部分を歯科治療を通じて患者さまに広めたいのです。

患者さまと幸せをを分けあうことこそ私たち歯科医師の基本スタイル

患者さま一人一人とのコミュニケーションを大事にしながら、歯科医療としての最終形を患者さまが要望する内容に近づけて、患者さまと幸せを分けあうことこそが私たちザ・インプラント クリニック 福岡のスタッフ一同の基本スタイルです。

当歯科医院は1人でも多くの方々にインプラントを通して喜びを分かち合いたいと思います。

インプラントの悪いイメージを変えていかないといけません

インプラント先進国のアメリカ欧米に大きく差がある日本のインプラントの知識、技術、診療設備。このようなインプラント治療で最善ではない環境で、日本で誤ったインプラント治療を受けて悩み続けている患者さまが増えています。一時インプラントの悪いイメージが先行し、あらぬ誤解や怖いと思われた時期がございました。

️ICOI (International Congress of Oral Implantologists) 国際口腔インプラント学会でのトレーニング

私たちは現在の日本のインプラント事情を変えたいという思いから、高水準のインプラント技術を追及するため、渡米、世界最大級 ICOI (International Congress of Oral Implantologists) 国際口腔インプラント学会にて専門的なレクチャーと鍛錬を繰り返し、たくさんの治療経験を積み重ねて参りました。

日本でも世界最高水準のインプラント治療を1人でも多くの方々に受診もらいたい。そのような思いでインプラント専門医たちと共に、開院したのが、ザ・インプラント クリニック 福岡です。

世間では、「第3の歯」と言われている素晴らしい歯科治療インプラント。高齢化時代の中、歯をなくなっても、自身の歯と同様に食事ができる幸福感を知ってもらうことも、我々インプラント専門医ができる社会貢献の一環であると考えます。

インプラントフェローとして欧米などで学会発表をしながら、歯科医師へのインプラント治療の学術面でのサポートした経験から、日本でのインプラント治療を引っ張っていく存在ありたいと考えてます。

セカンドオピニオンなど、歯科治療に関してどんなことでも積極的に受け入れ用意がございます。

他歯科医院でのインプラント治療などに疑問や不満がある方は、お気軽にご相談ください。

どのような行程も誠実に対応します。いっさい手は抜きません

インプラント治療を希望される患者さまは保険治療と比較すると治療費を負担が増えることになります。そういうわけではありませんが、当院はその対価と金銭面のご負担に見合うように、満足いただける結果を提供する責任がございます。

妥協はせず日々インプラント治療の本質を追い求めます

最新設備をはじめとする「高水準なインプラント治療にふさわしい院内環境」は当然ですが、患者さまのお悩みにも、しっかり誠実に話をお聞きします。この先の人生を健康的に生活していただけるように全身全霊を注ぎ患者様のため最善の提案をいたします。

また、どのような治療行程でも妥協はしません。日々インプラント治療の本質を追い求めながら、最後には笑顔でインプラント治療を終わってもらえるようにプロとして、また専門医として、プライドをかけて全職員でお約束いたします

TV ONAIR中!

診療科目

  • インプラント
  • 審美歯科全般
  • 歯列矯正

当院のインプラント担当医は国際口腔インプラント学会の認定指導医です

〒812-0011
福岡市博多区博多駅前2-18-25
ホテル日航福岡 地下1F
TEL:092-477-1107
FAX:092-477-1117

月・日・祝は電話受付は承っております

初診インプラント相談予約 ご予約はこちらから

ザ・インプラントクリニック福岡
〒812-0011
福岡市博多区博多駅前2-18-25ホテル日航福岡地下1F
[TEL] 092-477-1107 [FAX] 092-477-1117

休診日 / 月曜・日曜・祝日

診療時間
10:00~13:00 × ×
14:30~18:30 × ×

※月・日・祝は電話受付は承っております[9:00~18:00]

インプラント治療に関する不安や疑問、お気軽にご相談ください。

診察・ご相談はこちら
フリーダイアル 0120-525-118

メールでのご相談はこちら