福岡市博多区のインプラント・審美・矯正を専門とした総合歯科です

  • インプラント 審美歯科全般 歯列矯正
  • 診察・相談のご予約 0120-525-118 [受付] 火曜~土曜日 10:00~18:30
  • インプラント相談予約

ソケットリフトについて

ソケットリフト ( 上顎洞挙上術 ) とは

鼻の奥にある鼻腔の底あたりに上顎洞 ( サイナス ) という空洞があります。

上顎の骨と接する空洞のため、歯を失ってしまうと骨が痩せて薄くなり、上の歯をインプラント治療する際にインプラント体を埋め込むと鼻腔まで貫通してしまいます。

ソケットリフトはこのような状態に対応し、上顎の骨をインプラント体を収容できる状態にまで増量して貫通を防ぐための施術方法です。

上顎洞の底にあたる上顎の骨にぴったりとくっついた粘膜があります。この粘膜を持ち上げ ( リフト ) 、骨との隙間に回復治療を施術します。

従来は上顎の横に穴を開けて粘膜を目視しながら持ち上げるサイナスリフトという手法が主流でしたが、ソケットリフトは穴をあけないので体への負担も少なく回復も早いのが特徴です。

骨が痩せてインプラント治療が難しい方は多く、インプラント医にとっては臨床現場では身近な例ですが、粘膜は非常に柔らかく傷つき易いうえに人によって強度や厚みはまちまちのため、繊細でナイーブな埋め込みをする必要があります。

最終的な調整は施術する医師の手の感覚が頼りとなるため、ソケットリフトに対応できるクリニックは限られるのが現状です。

当医院の医師はソケットリフトを得意としており、サイナスリフトにおいても古くから実績があるなど、上顎洞の施術にあたっては圧倒的な臨床数をこなしております。

ソケットリフトの流れ

STEP 1

X線撮影やCT等で骨の状態を確認し、診断結果と経験則から上顎洞粘膜の状態を推測します。
施術の際の留意点などを患者様と相談します。

STEP 2

上顎骨にソケットエレベーターを打ち込みます。
粘膜に到達したところで加減に注意しながら破らないようにそっと押し上げます。

STEP 3

持ち上げた隙間に補填材を注入します。

STEP 4

インプラント体を埋め込みます。

ソケットリフトのメリットとデメリットについて

メリット

体への負担が少ない
別途穴を開ける必要がないため、腫れも少なく回復期間も短くて済みます。
鼻腔への負担が少ない
上顎洞を押し上げる量が少ないので、鼻腔の空間を圧迫しません。

デメリット

繊細な施術を要する
加減が施術者の感覚に委ねられるため、上手に施術できる医師は限られています。

TV ONAIR中!

診療科目

  • インプラント
  • 審美歯科全般
  • 歯列矯正

当院のインプラント担当医は国際口腔インプラント学会の認定指導医です

〒812-0011
福岡市博多区博多駅前2-18-25
ホテル日航福岡 地下1F
TEL:092-477-1107
FAX:092-477-1117

月・日・祝は電話受付は承っております

初診インプラント相談予約 ご予約はこちらから

ザ・インプラントクリニック福岡
〒812-0011
福岡市博多区博多駅前2-18-25ホテル日航福岡地下1F
[TEL] 092-477-1107 [FAX] 092-477-1117

休診日 / 月曜・日曜・祝日

診療時間
10:00~13:00 × ×
14:30~18:30 × ×

※月・日・祝は電話受付は承っております[9:00~18:00]

インプラント治療に関する不安や疑問、お気軽にご相談ください。

診察・ご相談はこちら
フリーダイアル 0120-525-118

メールでのご相談はこちら