福岡市博多区博多駅前のインプラント専門歯科 ザ・インプラントクリニック福岡

  • インプラント 審美歯科全般 歯列矯正
  • 診察・相談のご予約 0120-525-118 [受付] 火曜~土曜日 10:00~18:30
  • インプラント相談予約

治療法の比較

インプラント・入れ歯・ブリッジの比較

どの治療法を選択することで 自身の歯の最終的に残る歯の本数が決まるといっていいでしょう

一般的に口の中には28本の歯が存在します。

しかし、この大事な歯を11本以上、無くなると下記の例のようにフランスパン、ビフテキ、タコなどを食べるのが厳しくなってしまいます。

食べるのに必要な歯の本数

刺身
豆腐
うどん
0から5本
サラダ
ご飯
ハンバーグ
6本から17本
フランスパン
ビフテキ
たこ
18から28本

しかし、もし、あなたのお口の中、今、16 本しか歯がなくても、無くなった歯の代わりにインプラントを入れれば、そのことで、自身の歯として1本とカウントしてもよいのです。

しかし、もう12本以上の歯 をなくした口腔内でのブリッジや入れ歯では自身の歯の1本としてカウントするのは難しいです

そればかりか、口腔内のブリッジ、入れ歯により後々、、急激に残りの大切な歯をなくしてしまう可能性が益々高くなります。

一生、使う大切な歯です。

少しでもたくさんの歯を残し一生、美味しくをごはんを食べてもらいたいと考えます。

もうすでに、無くなってしまった歯をどの方法でフォローするかにより、最終的に大切な歯が何本残り、どのような食生活を迎えるを決定づけるのです。

比較表

  インプラント ブリッジ 入れ歯
保険適用 なし
保険適用される材質はない
保険適用されない材質もあり
選択可能
保険適用されない材質もあり
選択可能
治療費 9万5千円以上 保険の場合、1万円程度自費の場合
10万円から
保険の場合、1万円程度自費の場合
10万円から
治療期間 上顎の場合4~5か月程度
下顎の場合7~8か月程度
1か月程度 1か月程度
隣の歯の影響 全くない 隣の歯が健康であっても削らないといけない
隣の歯で失った歯を支えているので隣の歯に大きな影響があり将来的に歯を失う原因になる場合がある
ブリッジのように隣の健康な歯を大きく削る必要なない
隣の歯にばねをかけるので、隣の歯に大きな影響があり将来的に歯を失う原因になる場合がある
隣の骨の影響 隣の骨が溶けるのを防ぐ効果がある 抜けた歯の骨が溶けてしまい後でインプラントができなくなる可能性がある 顎骨が1年に1ミリ程度の割合で溶けてしまうので、後でインプラントができなくなる可能性がある
見た目 自分の歯と同じようできれいで美しい セラミックなどの自費の材質を選択すれば自分の歯のようにきれいで美しい セラミックなどの自費の材質を選択すれば自分の歯のようにきれいで美しい
食べ心地 チタンのインプラントが顎骨と結合するので自分の歯のように違和感なく食べることができる 固定式なのであまり違和感はない 噛む力が自分の歯に比べて30パーセントに程度になってしまいます
噛み心地が悪く固いものが食べにくい場合が多い
取り外し式なのでがたつきがあり違和感を感じる
手入れの衛生面 自分の歯と同じように毎日の歯ブラシと3か月に1回程度メンテナンスを受けていれば大丈夫、ただし自分の歯よりも歯周炎になりやすいので歯磨きとメンテナンスを怠ると問題が起きやすい ブリッジと歯茎の間に食べ物がつまり、口の中が不衛生になりやすい。衛生的にする歯間ブラシでブリッジと歯茎の間を毎回、丁寧に掃除する必要がある 食べ物が入れ歯に挟まって口の中が不衛生になりやすい。毎日入れ歯を取り外して清掃する必要がある。

インプラントのメリットとデメリット

メリット

隣接歯への影響がない
顎骨の吸収を防ぐ効果がある
自分の歯と同しように美しくキレイ
チタンインプラントが顎骨とくっつくので、自分の歯と同様に問題なく咬める
6ヶ月に1回(場合によっては3ヶ月に1回のメンテナンスをお願いすることもあります)、自身の歯よりも、歯槽膿漏になりやすいからブラッシングとメインテナンスをサボると異常が起こりやすい

デメリット

保険適用でないため、1本あたり25 万~45万円 くらいの値段が高額(医療費控除あり)
上顎:6ヶ月くらい、下顎の:3ヶ月くらいと期間がいる
(※条件により治療期間を短縮できる場合がございます)
糖尿病などの全身的にご病気がある方は治療が難しいケースがある
自身の歯よりも歯槽膿漏になる危険性があるので、口腔内の管理とメンテが必要です

入れ歯のメリットとデメリット

メリット

保険が適用、負担金少ない( 安く1万円ぐらい
1ヶ月くらいで比較的短時間治療が可能
ブリッジみたいに隣接歯を大きく削ることがない

デメリット

ブリッジみたいに隣の健康歯を大きく削ることはない、隣接歯に針金を掛けるから、 隣接歯に大きい負荷がかかるので、先々、歯がなくなる恐れがある
顎骨が1年に1mm程度吸収してしまい、後々、インプラントが難しい。
針金が見えるので、、見た目が悪い
咬合力が自分の歯に比較しても、30%以下なり・咬みにくく、固いものを食べれない場合がある・取り外し式でガタガタしているので、違和感が続く
食事の時に味覚、温冷の感覚や食感が感じにくい
咀嚼効率が非常に悪い。自身の歯と比較して、3分の1程度に低下

ブリッジのメリットとデメリット

メリット

固定してるために、違和感少ない
保険の適用あり、負担金も少ない( 安く一万円くらい)
自費の材質を選択すると、見た目も自分の歯と同じように美しくキレイに出来る
1ヶ月くらいで比較的短時間治療が可能

デメリット

隣接歯が健全な歯でも、削る必要がある・隣接歯で無くなった歯を支持しているから、隣接歯に負担が大きくかかり、先々に歯が無くなる原因になることがある
抜けた歯の顎骨が吸収してしまい、後々、インプラントが難しいことがある。
ブリッジの歯間に食物残渣が残り、口腔内が不潔になり不衛生のため、歯間ブラシを用いブリッジと歯間を毎食後、丁寧に日々清掃しないといけない
しっかり固定した歯が両側にあることが条件、つまり、最後臼歯部が無くなったら、ブリッジで対応ができない。多数の歯を失うとブリッジは不可能

TV ONAIR中!

診療科目

  • インプラント
  • 審美歯科全般
  • 歯列矯正

当院のインプラント担当医は国際口腔インプラント学会の認定指導医です

〒812-0011
福岡市博多区博多駅前2-18-25
ホテル日航福岡 地下1F
TEL:092-477-1107
FAX:092-477-1117

月・日・祝は電話受付は承っております

初診インプラント相談予約 ご予約はこちらから

ザ・インプラントクリニック福岡
〒812-0011
福岡市博多区博多駅前2-18-25ホテル日航福岡地下1F
[TEL] 092-477-1107 [FAX] 092-477-1117

休診日 / 月曜・日曜・祝日

診療時間
10:00~13:00 × ×
14:30~18:30 × ×

※月・日・祝は電話受付は承っております[9:00~18:00]

インプラント治療に関する不安や疑問、お気軽にご相談ください。

診察・ご相談はこちら
フリーダイアル 0120-525-118

メールでのご相談はこちら