福岡市博多区博多駅前のインプラント専門歯科 ザ・インプラントクリニック福岡

  • インプラント 審美歯科全般 歯列矯正
  • 診察・相談のご予約 0120-371-301 電話受付 9:30~17:30(平日・土日祝)
  • インプラント相談予約

ブログ

こんにちは!ザ・インプラントクリニック福岡です。

 

福岡も梅雨が明けて、本格的に夏!というような天気になりましたね。
今年は屋外のレジャーにお出かけになる方が、
例年より多いのではないかと思います。
くれぐれも熱中症にお気をつけくださいね。

 

 

さて、ザ・インプラントクリニック福岡は
8/13(木)~8/17(月)を休診日とさせていただきます。
8/18(火)から通常通り診療再開いたします。
よろしくお願いいたします。

こんにちは!ザ・インプラントクリニック福岡です。
湿気がすごい毎日で過ごしにくいですが、
体調に気をつけて元気に過ごしましょう🌞

 

インプラントは金属でできているなら、骨の中で錆びることはあるの?と
疑問をお持ちの患者様がいらっしゃいました。

 

インプラントで使われる金属は、チタンというとても錆びにくいものが使われています。
チタンは骨折の治療などにも使用されている、非常に安全性の高い素材です。
インプラントが開発されていた当時、様々な金属が試されましたが、
どれも上手くいかなかったそうです。
そんな中、ブローネマルクという学者が、
チタンであれば人体に問題を起こさずに骨と結合することを発見しました。

 

当院で使用するインプラントは、もちろん純チタン製です。
金属の腐食がご心配だという方は、ご安心くださいね。

 

金属部分が錆びることはなくても、
インプラントを長く使っていただくためには定期的なメンテナンスが必要です。
ザ・インプラントクリニック福岡では、
インプラント埋入以前の虫歯・歯周病治療から、治療完了後の定期検診まで
患者様に親身になって念入りに行います。
ぜひ一度無料相談にお越しください!

 

こんにちは!ザ・インプラントクリニック福岡です。
昨日あたりから涼しいですね。
過ごしやすいですが、紫外線は強そうなので気をつけてくださいね。

 

奥様に付き添われて来院された60代の患者様のお話です。
若い頃からお酒を飲んだ後にすぐ寝てしまう癖があり、
その結果重度の歯周病となってしまったそうです。
生活習慣を改善しようにも、気づいたときにはもう遅く、
何本もの歯がぐらつき、自然にボロボロと抜け落ちてしまいました。
歯医者に行くと、残っていた歯も骨がなくいつ抜け落ちるかわからない状態だと診断され、
抜歯の後に上下ともに保険適応の総入れ歯を作られたのだそうです。

 

慣れない総入れ歯でまともに食事も取れない患者様を、
奥様は最初こそ自業自得だと思われたそうですが、
柔らかいものしか食べられず意気消沈しているご主人を毎日見ているうちに
段々とかわいそうになってきたといいます。
ご家族で話し合われた結果、インプラントの説明を聞いてみて、
よさそうなら治療を受けてみようと決められたのだそうです。

 

当院でのカウンセリングの結果、インプラント治療を決断され、
治療が終わった後は何でも食べられるようになったと喜んでくださいました。
患者様にもお喜びいただけましたが、奥様から
「家族みんなで同じものを食べられるようになった。夫が元気になって本当に良かった」と
笑顔で言われた時には、ご家族みんなが幸せになれるお手伝いができたと感じ、
こちらもとてもうれしく思いました。

 

こんにちは!ザ・インプラントクリニック福岡です。

7/2ごろの半夏生の日に、香川県では田植えをした後うどんを食べられていたことから
7/2はうどんの日なのだそうです。
香川県ではうどんを振る舞うイベントが行われるのだそうですね。
さすがうどん県ですね!

 

関西地方では稲の根がタコの足のように、しっかりと根付くようにと
タコを食べていたそうです。
うどんにタコの天ぷらを乗せれば両方味わえちゃいますね。

 

歯が抜けてしまい、入れ歯を使っていらっしゃる方は
タコのような噛みにくい食材は避けている
という方も多いのではないでしょうか。

 

自分の歯と同じようにうどんのように柔らかいものから
硬いものも難なく食べたいという方は、
骨に埋入することで取り外す必要のない
インプラントがおすすめですよ🐙♪

 

こんにちは!ザ・インプラントクリニック福岡です。

 

7/1はかた~いことで有名な
井村屋さんのあずきバーの日なのだそうです!

 

あずきバーを棒から外してレンジで暖めると、
おしるこ状になるので、そこに雪見だいふくをお餅代わりに入れて食べるのも
おいしいのでおすすめですよ🤤

 

でもやっぱり、あの硬さがおいしいところでなので、
今の時期は特に冷たいアイスとしてそのまま食べたいですね!
あの硬さは、とっても歯が丈夫でないと噛めませんよね。
歯がぐらついていたり、痛みのある入れ歯を使用されていると
噛んで食べるのは難しいかも知れません。

 

硬い食べ物をしっかりと噛んで美味しく食べたい方には、
入れ歯よりもインプラントがおすすめです。
骨に人工の歯を埋め込むような治療なので、
まるでご自分の歯で噛むように何でも食べられます。
お悩みの方は、ぜひご相談にお越しください♪

こんにちは!ザ・インプラントクリニック福岡です。
朝から雷がゴロゴロ言っていますね⛈
高い木の下などは避けて歩きましょう!

 

先日スタッフの写真撮影を行う機会があった
とインスタなどに投稿いたしましたが、
公式ホームページに、その写真の使われた
スタッフ紹介のページが追加されました!
ザ・インプラントクリニック福岡を支える
歯科医師や歯科衛生士たちが、
治療に対する様々な思いを語っています。

 

当院のスタッフは、全員が患者様のことを第一に考え、
患者様ごとに適した治療を行っています。
キリッとしたかっこいい表情の写真や、優しい笑顔の写真もあり、
スタッフの人柄が伝わるのではないでしょうか😊
患者様に少しでも親しみを持っていただければ幸いです。

 

ぜひご覧になってくださいね♪

 

こんにちは!ザ・インプラントクリニック福岡です。

 

今頃から秋にかけて、とうもろこしが旬ですね。
スタッフAの実家近くの農家の方が、夏になると
とても大量のとうもろこしをおすそ分けしてくださるので、
我が家では毎年、炊き出し用かというくらい大きな鍋で大量に茹でています。

 

食べきれない分は、芯からちぎった実を袋に入れて冷凍保存しているのですが、
何本もやっていると最初は楽しんでやっていても
途中からは飽きてしまい、なかなか面倒な作業です。
やっぱり直接齧るのがおいしく、手っ取り早いですね。

 

もし前歯がぐらついている方は、とうもろこしにかぶりつくということが
とても難しいのではないでしょうか。
できたとしても、前歯に強い力が加わるので、
痛みを感じたりグラつきが悪化してしまうかもしれませんね。

 

当院では骨量の関係から難しいと言われる前歯のインプラントも、
多くの治療経験があり、患者様にご満足いただいております。
現在前歯を使っての食事が難しい方、前歯が入れ歯で見た目や
機能性が気になる方は、ぜひ無料相談へお越しください♪

こんにちは!ザ・インプラントクリニック福岡です。

 

6月15日は永谷園が定めた「生姜の日」だそうです。
生姜には体を温める効果があるのは有名ですが、
その効果のある成分の名前は「ショウガオール」というそうです。
そのまんまでおもしろいですね😄

 

生の生姜には強い殺菌効果があり、生物の薬味として使われているのには
美味しさのためだけではなく食中毒などの予防のためでもあります。
血行を促すことによる鎮痛作用があるので、
冷えからくる関節の痛みなどにもいいそうですよ。

 

同じ原理で歯周病の痛みにも効いてくれることを期待したいですが、
軽い症状ならまだしも、歯がぐらつくほどの重篤な症状のある方は
民間療法ではなく歯医者での治療を受けてくださいね。

 

当院では歯周病の治療も行っております。
すでに歯を失ってしまった方には、ご自分の歯のように噛めるインプラントがおすすめです。
まずはお気軽にご相談ください。

 

こんにちは!ザ・インプラントクリニック福岡です。
6月になりましたね。今月も頑張っていきましょう!

 

インプラントには大きく分けて2種類あります。
根っこの部分であるインプラント体と
支台の部分のアバットメントが一体化した「ワンピースタイプ」と、
インプラント体にアバットメントを連結する「ツーピースタイプ」です。

 

ワンピースタイプインプラントは部品が少ないぶん価格が安く、
治療時間が短く済むという利点はありますが、
インプラント周囲炎に罹りやすいことや、
アバットメントが受けてくれるはずの衝撃を、すべてインプラント体が受けてしまうことで
破損してしまったり、骨に炎症が起こってしまうなどのリスクが多々あります。

 

ツーピースタイプであればアバットメントが衝撃を受けてくれる上、
その衝撃での破損がアバットメント部分のみで済んでいれば
骨に埋めたインプラント体はそのままで修復することが可能ですが、
ワンピースタイプはインプラント体ごと骨から除去する必要があり、
大掛かりな外科手術を受けることになってしまいます。

 

このようなことから、当院ではツーピースタイプのインプラントを使用しております。
ワンピースタイプが絶対に悪いというわけではありませんが、
自分や自分の家族に入れるならどちらが良いか、と考えて選んだ結果です。
みなさんはどちらのインプラントを入れたいと思われるでしょうか。
歯科医院選びの参考にされてくださいね。

 

こんにちは!ザ・インプラントクリニック福岡です。
様々な飲食店が営業再開していて、美味しいものを食べに行くか
自炊で節制するか、気持ちがぐらついてしまいますね。

 

さて、インプラントがぐらつく理由にはいくつかあります。

 

骨に埋めたインプラント体に問題はなく、
インプラント体に取り付ける被せものの部分などが緩んでいる場合は、
取り付けし直す処置を行います。これは比較的簡単に行うことができます。

 

厄介なのが、骨に埋めたインプラント体のほうが
歯周病によってぐらついている場合です。
歯周病は治療せずに放っておくと、どんどん悪化し骨がなくなっていきます。
せっかく入れたインプラントも、骨がなくなってしまっては抜け落ちてしまいます。

 

また、どちらの理由であってもぐらつく歯を放っておくと、咬み合わせが狂ってしまいます。
インプラントがぐらついているという場合は、
絶対に放っておかずにすぐに歯科医院を受診してください。

 

歯周病によってインプラントが抜け落ちてしまった方でも、
当院の再生治療を受けていただくことで、再度埋入できる可能性があります。
お困りの際はお気軽にご相談くださいね。

 

 

1 2 3 4 5 6 24

TV ONAIR中!

期間集中歯科治療

診療科目

  • インプラント
  • 審美歯科全般
  • 歯列矯正

当院のインプラント担当医は国際口腔インプラント学会の認定指導医です

当院の医師は公益社団法人日本口腔インプラント学会・公益社団法人日本歯科先端技術研究所の会員です

ダイヤモンド・メンバーに表彰されました。

〒812-0011
福岡市博多区博多駅前2-18-25
ホテル日航福岡 地下1F
TEL:092-477-1107
FAX:092-477-1117

月・日・祝は電話受付は承っております

初診インプラント相談予約 ご予約はこちらから

ザ・インプラントクリニック福岡
〒812-0011
福岡市博多区博多駅前2-18-25ホテル日航福岡地下1F
[TEL] 092-477-1107 [FAX] 092-477-1117

休診日 / 月曜・日曜・祝日

診療時間
10:00~13:00 × ×
14:30~18:30 × ×

※電話受付時間 9:30~17:30(平日・土日祝)

インプラント治療に関する不安や疑問、お気軽にご相談ください。

診察・ご相談はこちら
フリーダイアル 0120-371-301

メールでのご相談はこちら